HOME>注目記事>脂肪細胞自体を少なくするので術後はリバウンドしにくくなる
エステティシャン

リバウンドしにくくなる理由

脂肪吸引で人気の施術部位「お腹」の脂肪をピンポイントに除去することで、リバウンドしにくい体質になると言われています。食事制限や運動などの一般的なダイエットを行い、一旦は体重を落とすことに成功してもダイエットを辞めたとたん、前以上に太ってしまったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。このようなダイエット法は脂肪細胞を小さくすることはできても、脂肪細胞の数自体を減らすことはできません。脂肪細胞は人によって数が異なり、脂肪細胞の数が多ければ多いほどカロリーオーバーとなってしまうと、脂肪をため込みやすく太りやすい体質と言えます。脂肪吸引の場合は脂肪細胞自体を吸引して数を減らすことができるので、術後に太りにくい体質となりリバウンドも予防できるのです。お腹は吸引する脂肪の量が多い部位ということもありその分、脂肪細胞も減らせるため他の部位と比較しても、よりリバウンドしにくい体質になるようです。

ぽっこり下腹を解消しくびれも作れる

下腹がぽっこりしている・脂肪でくびれが無く子どものような体型など、お腹にコンプレックスを抱えている女性は少なくありません。スッキリとしたお腹になるために腹筋などの筋肉トレーニングを行ったり、食事制限などのダイエットをしても、なかなか細くならないなら脂肪吸引を検討してみてはいかがでしょう。脂肪吸引は名前の通り脂肪を吸引するという美容整形の1つで、とてもポピュラーな方法ということもあり美容外科クリニックであれば、必ずと言ってもいいほど施術を受けられます。カニューレという専用の細い管のような器具を挿入し脂肪を吸引していくのですが、カニューレを入れる場所を変えれば様々なお腹の悩みに対応することが可能です。下腹ぽっこりを解消したいなら下腹に重点を置いて施術を行う、くびれを作りたいのであればデザインを考えて脂肪を吸引すれば理想のボディラインが手に入ります。